何でも知りたがりの当ブログのコンシェルジュが森羅万象に「寝ながら」世話をやきます。


by USOHACHI2007
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:音楽( 11 )

c0107997_035816.jpg
















iTunesよりDL。
ヨーロッパツアーの真っ最中のようで10/15のドイツはハイデルベルグでのLiveを
2-3日後にUPしたものをDL。23曲+MCで1,500円は破格かも。

早期のiTunesUPが命題らしく音の処理は音場を生かさざるを得ず
オーディエンスの咳払いやらくしゃみやら得体の知れない金属音など
通常はカットされる音が満載。
しかし日本のオーディエンスとの質の違いは明らかでプラスなのかマイナス
なのか評価は聞いてのお楽しみで。
伸びやかな鍵盤の音に酔いしれずにはいられません。

1.glacier
2.hibari
3.still life
4.in the red
5.tama
6.nostalgia
7.composition 0919
8.improvisation
9.energy flow
10.asience
11.tamago 2004
12.amore
13.tango
14.1900
15.merry christmas mr. lawrence
16.the last emperor
17.sweet revenge
18.bibo no aozora
19.happyend
20.tibetan dance
21.thousand knives
22.aqua
23.1919




c0107997_116957.jpg




これはDVDで既に発売されているTrio World Tour 1996のCD音源化。
ピアノ+ヴァイオリン+チェロの掛け合いがすばらしい。
あるところにはコンバートするソフトがあるんです。これを使えばDVD→CDなので
音のクオリティは帯域の広さも手伝いスーパーCD級。

1.bibo no aozora
2.rain
3.marry christmas mr.lawrence
4.the sheltering sky
5.aoneko no torso
6.tango
7.improvisation
8.high heels
9.main theme-little buddha-the wuthering heights
10.asadoya yunta
11.m.a.y.in the backyard
12.thousand knives
13.1919
14.a flower is not a flower
15.the last emperor
16.tong poo
17.nachtmusik

10年前とセットリストが似てますな。
[PR]
by USOHACHI2007 | 2009-11-12 23:32 | 音楽

James Michael Thompson

c0107997_98576.jpg
















オーストラリアからインディーズCDを取り寄せました。
決済はPaypalになります。

きっかけはYoutubeで検索したLed Zeppelin/In My Time Of Dying。
ぐぐってこのhttp://www.rellamusic.net/order.htmlで購入しました。
James Michael Thompsonのサイトはこちら




c0107997_92407.jpg




体裁はメジャー品の大量生産と遜色ありません。

カテゴリーはブルース。
スライドギターと酒やけした声が良です。

ハウリン・ウルフ、マディ・ウォーターやリトル・ウォルターなどの
ブルースに親しみがあれば聞きやすいでしょう。
CD中のブルースは現代風アレンジで若干アップテンポです。




c0107997_9441354.jpg




ポッサム?


Tall Man/28.50AUD
[PR]
by USOHACHI2007 | 2009-10-28 23:04 | 音楽
c0107997_1353016.jpg
















秋の入り口がそこまで来ています。
こんな時はヴァイオリンが良いでしょう。
シベリウス・ヴァイオリンコンチェルト第47番 アレグロモデラートで
お勧めを二つ。
先ずはヒラリー・ハーンから。




c0107997_1432878.jpg




艶のあるヴィヴラートを聞かせてくれます。
ヒラリー・ハーンの伸び代は計り知れませんが
彼女の最高の演目がここにあります。
17分超の大作なのに夢見心地が続くので時間なんて気になりません。
録音状態もかなり良い仕上がりです。

同収録されているシェーンベルグが高度な為に
シベリウスばかり聞きまくっています。
シェーンベルグ、全然わかんね。

お次はナイジェル・ケネディ。




c0107997_1451197.jpg




ケネディのシベリウスはおとなし過ぎます。
まだまだリーダー作としてEMIから自由度を勝ち得ていなかった
時期なのでしょう。現在のベルリンフィル首席指揮者であるサイモン・ラトルが
指揮したシベリウスは躍動感が無く気の抜けたサイダー的と言ったら怒られますが
あんまりおもしろくありません。同収録のチャイコフスキーが秀逸なので尚更です。

いずれにせよクラシック聞きたいな~と思ったのと同時に小ブログを見たなら
運命ですからこの2枚で楽しんでみては。ちょっと賢くなった気分になれます。
[PR]
by USOHACHI2007 | 2009-09-05 23:32 | 音楽

Reflex


ロシアづいています。

あいしてるい。すごくすごすきすることすごすご。w~。

You Tube Reflex
[PR]
by USOHACHI2007 | 2009-05-23 23:40 | 音楽

Marie Digby ~ Rihanna




c0107997_23323364.jpg





未発売ながら注目の一品。
Youtubeで"Umbrella"が投稿されてからプロっぽい音づくりに
支持が集まりだした。
デビュー前のMarie自身がプロモーションをかけたのが大当たりと
なったようです。

ん~、いいですね。
おばあちゃんが日本人なので顎のラインが大和的で
共感を呼びます。

元の"Umbrella"も良いのう。




c0107997_23575576.jpg



このRihannaはレゲエやカリプソ等を前面に出した1.2枚目の
小爆発アルバムからR&Bに絞った3枚目で大変身大爆発。
[PR]
by USOHACHI2007 | 2008-03-07 00:02 | 音楽

サザエさんⅡ


また拾いました。
サザエさん①
サザエさん②
サザエさん③
[PR]
by USOHACHI2007 | 2007-08-19 23:58 | 音楽

サザエさん


永遠の家族団らんアニメ、サザエさん。
いいものを拾いました。

①サザエさん
②サザエさん
③サザエさん(取扱注意)
(www
[PR]
by USOHACHI2007 | 2007-08-17 23:35 | 音楽

おしりかじり虫・・・ララララ~。

著作権があるのでexciteブログでは動画のアップロードに制限が
加えられているようです。
ここのサイトも著作権無視ですが。
[PR]
by USOHACHI2007 | 2007-08-09 23:54 | 音楽

JAZZ/マイルス・デイビス

c0107997_21473177.jpg
















横浜・野毛にあるJAZZ喫茶ちぐさが歴史に幕を閉じたそうだ。
本日のNHKニュースでも大枠を使い報じていた。

yukipediaはマイルス・デイビスしか聞かないのでJAZZ喫茶には
行った事がない。
なぜなら、メジャーすぎるマイルスをJAZZ喫茶でリクエストしてはならないという
暗黙の了解があったからなのだ。
でもあーた、パラゴンって言うどデカイスピーカーで一度は聞いて見たかったよ。

JAZZはマイルスに始まりマイルスに終わったとyukipediaは思っています。
それはマイルスを聞いてしまうと他のミュージシャンが屁のような創作しか
残さなかったことと、わざわざ買ったCDを中古屋に売り飛ばす作業を増大
させることしかできなかったと思わざるを得ないことなのです。


2時の方向:KIND OF BLUE
JAZZの第一次産業革命です。
感動を味わいたいなら、マイルスを最初に聞くならこのアルバムです。
アコースティックマイルスのなんと味わい深いこと。。。

10時の方向:In A Silent Way
JAZZの第二次産業革命です。
ジャケットがすばらしい。中味はもっとすばらしい。
エレクトロニクスとアンプラグドの融合を既に実験レベルから実用レベルにした
アルバムです。
フュージョンの夜明け前。。。

6時の方向:On the Corner
JAZZの第三次産業革命です。
FUNKY でぶっとび系の音を1972年にして
作ってしまったエレクトニクスマイルスの完成版です。

今、大家といわれるJAZZミュージシャンが1972年に何をやっていたかを
時系列で捉えればマイルスの偉大さがよくわかります。
コンポーザーとしての質はベートーベンと双璧なのです。
聞けばよくわかるのだ。
ちなみに任天堂スーパーマリオブラザースの地下通路攻略時の音楽は
ベースラインがマイルスのパクリなのでした。

[PR]
by USOHACHI2007 | 2007-02-01 22:30 | 音楽
c0107997_11441941.jpg
















「全米が泣いた」的な人気は本国ではあるが
日本での注目は芳しくない。
CDリリース枚数と来日公演回数を勘案すると良くわかる。
ミック・ジャガーのソロ来日公演、G3での来日公演のみだ。

楽曲は自らのボーカルものもあるがほぼインストだ。
だから聞き流しとしてうってつけだ。
TVのスポーツ報道でよく使われる、アレだ。

ギター一本で食うとなるとテクニカルに走りがちだが
メロディライン重視で東海岸っぽい陰鬱さがありこれが
yukipediaのツボに入っている。
西海岸の太陽は似合わないのだ。
クラシック的アプローチがあるのも良だ。

本日、Amazon.comから最新のライブDVDが届いた。
画像左の旧盤もクオリティが高いが今回も同等だった。

MP3に変換しドライブ時に音量アップで聞けば流しとして最高だ。
昨今は家で大音量とはいきませんからね。
だから車がほぼリスニングルームとなっているのだ。

左右フロントドアのデッドニング、
NAKAMICHIのCDユニット、
PHASSのスピーカーが現行の状態。
サブウーファーを設置するスペースがないので残念ながらあきらめて
いるのでした。
欲しいけどね。


Satriani Live!(2DVD)/Joe Satriani/$22.97

[PR]
by USOHACHI2007 | 2007-01-20 23:10 | 音楽