何でも知りたがりの当ブログのコンシェルジュが森羅万象に「寝ながら」世話をやきます。


by USOHACHI2007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ:サッカー( 2 )

c0107997_19134927.jpg
















カリブ海の国、セントビンセント&グレナディーンの主要産業は
バナナの輸出ですが切手発行でも外貨を稼いでいます。
有名人の肖像権を獲得し商売をしていますが真っ当な
法的手順を踏んでいるかどうかは不明です。

画像はイタリアセリエAのユベントスものです。
11人全てが伝説のプレイヤーで構成されています。
MFの位置ににプラティニとバッジオが配されているのが
ミーハー心をくすぐります。




c0107997_19262347.jpg




どうですか?ミッシェルとロベルトが一緒ですよ。
もうあまりにベタ過ぎて言葉がでません。


ユーベと対極的なミランものが存在すると思われますが
それを見たことはないんですね。
見つけたら連絡ちょ~だい!




c0107997_19254147.jpg




イタリアの歴代最高のゴールキーパーであるディーノ・ゾフです。
「ゴールキーパーはワインと同じ。年を重ねるほど味が出る」と
名言を残しています。

後に伊代表監督を務め欧州選手権2000では準優勝に導きカリスマ度を
上げました。
フィオーレやデルベッキオがブレイクした大会でした。
フィオーレ、良い選手でしたがジダン率いるフランスに負けてしまいました。
またこの大会ではサドンデスゴール(ゴールデンゴール)が採用され
そのあっけなさにブーイングの嵐だったと記憶しています。


チャンピオンズリーグの決勝で2点入れたフィリッポ・インザーギも
ユベントスに在籍していました。
ピッポは往年の日本代表武田修宏スタイルのゴールハンターです。
オフサイドラインからの飛び出しが非常にうまい選手です。
と言うかこれに特化したFWなのです。

単に飛び出せば良いのではなく必ずウェービングしながら
オフサイドラインへ近づきます。
加速を考え動き出しが一歩早いと1m50cmほどのアドバンテージが
得られます。

ピッポは何気に最終ライン(オフサイドライン)である相手DFに
ターゲットを据え動きます。
これはあたかも石ころ帽子をかぶったようなイメージです。
今回の2点目もピッポにとってはお約束のゴールでしたネ。

1点目はピッポの完璧ハンドリングですしコッリーナレベルが主審ならと
リヴァプールサポーターは嘆いたでしょうね。
ベニテス監督もロスタイムが短いとネクタイ並に真っ赤になってドイツ人主審に
噛み付いているのが印象的でした。

来年のファイナルはモスクワだそうです。
ビックを当てていっちょ行ってみますか。
[PR]
by USOHACHI2007 | 2007-05-24 19:59 | サッカー

Kenner/フィギュア

c0107997_0505724.jpg
















あと数時間でチャンピンズリーグ決勝戦が行われます。
もうどきどきでとてもじゃないけど眠れません。

利害はからみませんが最高のプレーが見れるのと
確率的に低いできごとが起こってしまうのが
チャンピオンズリーグファイナルなのであります。

今年は二年前と同じカードであるACミランとリヴァプールの
間で決勝が行われます。

そこで家の中で各チームにゆかりのあるものを探してみました。

画像はKenner(ケナー)社製フィギュアのフランク・ライカールトです。
年代ものですがパッケージもしっかりしておりビックを当てたら
バルセロ~ナまでサインを貰いに行く予定です。

当時はルート・フリット、マルコ・ファンバステンと供に
オランダ三羽烏なんて呼ばれてました。
三羽烏はかなり優秀でチャンピンズリーグの前身である
チャンピンズカップを制しています。
オランダ代表としては欧州選手権をも制しています。
なんともトレビア~ンな選手です。

二年前は前半終了時に3点リードしたACミランが優勢でしたが
後半に3点を入れられ同点にされた後、PK戦で負けてしまうという
立ち直れない負け方をしています。

雪辱を晴らす為にACミランに勝ってもらいたいのですが
堅守のリヴァプールに分があるとyukipediaは予想します。


予想 ACミランVSリヴァプール:0-2(HT0-0 )

前半は探りあいで0-0です。

後半開始5分ガットゥーゾの蟹バサミをかわしたジェラードの
無回転ロングシュートがネットを揺らします。
続けざまに老体マルディーニを振り切ったクラウチのヘディングシュートが
ファーサイドに決まりミランサポーターを黙らせます。ジーダは動けません。

後半20分インザーギの巧みなダイビングでPKを得ますがピルロが
外してしまいます。
プレゼントを貰い損ねたACミランに重い空気が立ち込めます。
ジラルディーノが二度ポストを叩いてしまう不運に見舞われるのも
必然性を帯びます。

よって危険な時間帯を見方につけたリヴァプールの勝利となります。


さてさて、くだらない予想はここまでにして寝ることにしましょう。
目覚まし時計は0330にセットですよ~。
[PR]
by USOHACHI2007 | 2007-05-23 23:50 | サッカー