何でも知りたがりの当ブログのコンシェルジュが森羅万象に「寝ながら」世話をやきます。


by USOHACHI2007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:カブトムシ( 3 )

c0107997_081950.jpg
















カブトムシの幼虫が元気だ。
通常、11月から3月にかけては気温の低下とともに
幼虫の活動も低下する。
しかしこの暖冬のせいなのだろうか。
むくむくと地表に出てきたので驚きながらも
お掃除を決行した。




c0107997_0154359.jpg




まずは古新聞を床に敷きつめた。
水を入れたスプレーも用意。
袋から取り出したクヌギマットを古新聞の上に置き
発酵したときに出る炭酸ガスのガス抜きとスプレーによる湿らせを
手もみしながら同時に行い幼虫ベットをつくった。
yukipediaはサラリーマンなので手もみは一級品。

そしてしばし放置プレイ。




c0107997_0171785.jpg




これは幼虫のフン。

タブレット状で大きさ規格もばらつきがないので興味深い。
臭いはしない。
もしかしたら燃料に使えるかもしれない。
次世代燃料で大もうけして手もみにおさらばだ。




c0107997_02092.jpg




8匹全て順調に育っている。

名前をつけたが残念ながら識別不能。(;_;




c0107997_0214667.jpg




マットを敷いて幼虫を配し前回使用の腐葉土を入れ完成。




c0107997_0225473.jpg




直径3-4cmほどのクヌギ原木がこんなにやせ細りました。
親のスネ、でしょうか。

次回のお掃除はGW前の予定。

[PR]
by USOHACHI2007 | 2007-02-10 23:55 | カブトムシ
c0107997_0295763.jpg














カブトムシの幼虫飼育に適しているとの情報をもとに
ホームセンター3軒をはしごしてやっと見つけた。

クヌギを微細化させたものよりクヌギの腐葉土のほうが大きく育つと言う。
微細化されたクヌギ片はCO2が出るので気をつけろとも。

しかしこの腐葉土、正式にはガーデニング用だ。
痩せた土に混ぜ合わせその土が活性化する為の土だ。
加熱処理のみで薬効による期待するものは何ら含まれてなさそう
なので使ってみた。

手でもみほぐし節くれだった小枝は丁寧に取り除いた。
さあ、これで大きなカブトムシができるねと言った息子の目は
ランランと輝いていた。

ちょっとオヤジができた。

圧縮腐葉土15L/312円

[PR]
by USOHACHI2007 | 2006-10-30 23:14 | カブトムシ
c0107997_0363121.jpg















正式には2世代目だ。
今年の4月に村上世彰ばりの竹の子堀りにお呼ばれし
幼虫3匹をゲットした。

当初はカブトムシかクワガタか分からなかったが飼育条件が
よかったらしく見事な成虫になってくれた。
カブトムシのオス2匹にメス1匹だ。

脱走をくり返すやんちゃぶりだ。1匹はバスルームに潜んでいた。
見つけたじょ~。



季節の変り目は悲しい。
暑い夏が終わりうら寂しい秋が訪れようとした時に1匹そして1匹と
命を燃やし尽くした。
子供とお葬式をあげ土に還してあげた。

子供の心の目にはどう映っただろう。

私はと言えばこの8匹の生命を前に万世一系の始まりと考えているのでした。

[PR]
by USOHACHI2007 | 2006-10-19 22:28 | カブトムシ