何でも知りたがりの当ブログのコンシェルジュが森羅万象に「寝ながら」世話をやきます。


by USOHACHI2007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:キャンプ( 13 )

牛テールスープ

c0107997_9143720.jpg















キャンプで暖をとる為にテールスープを作りました。
北海道でのキャンプは猛者を除いて既に最終を迎えています。
寒くってしょうがない。




c0107997_917814.jpg




2~3人前を作るとして牛テールを500gほど用意しました。




c0107997_919294.jpg




脂抜きとして30分煮出し余計なアクをとります。
この作業は澄んだスープを作るには必須です。
この後、流水で血管や血を取り除きます。
煮出したスープは捨てます。ここで下ごしらえ完了です。




c0107997_9232465.jpg




簡単に着火できる油脂を含んだ豆炭を使います。
ダッチオーブンでは火加減がし易く重宝します。




c0107997_9263866.jpg




マッチ一本で着火できるのが特徴です。
燃えたぎると使い物にならないので炎を消し
くすぶり状態で使います。

ダッチオーブン用の五徳を置きます。これがないと下火の
コントロールが効きません。




c0107997_9303167.jpg




下ごしらえした牛テールを入れます。
塩胡椒で味を整え5時間程ほったらかしにします。
火加減は弱火です。




c0107997_9323852.jpg




食べる30分ぐらい前にネギを入れます。
キッチン鋏を使って切ったのでワイルドな仕上がりに
なりました。
ダッチオーブンで牛テールスープを作ると加圧効果からか
スープが白濁します。
これも味なのかなと納得の出来栄えに満足です。
[PR]
by USOHACHI2007 | 2008-10-11 23:37 | キャンプ
c0107997_23341679.jpg
















スクリーンタープをやっと購入しました。
北海道でもここ東大沼は虫が多いので虫嫌いの
yukipediaにとっては必須アイテムです。




c0107997_2337416.jpg




手持ちのアメニティドームと連結させましたがどうもしっくり
きません。

ん?  幕体の色違いに気づきました。
まぁ~、いいでしょう。使えれば問題ありません。
で、これは使えるメッシュタープです。
高さは180cmありますので全く窮屈ではありません。
フルメッシュにすれば爽やかな風が吹きぬけますし
クローズドすればプライバシーを確保できます。
風上に入り口面を設営したのでびくともしません。

意外に大きいので設営には大人2人は必要です。




c0107997_23451898.jpg




テント内部から望みました。
連結はファスナー合わせではありません。
アメニティドームの前室をリビングメッシュエッグ内部に引き入れ
必要に応じてペグダウンします。
使い勝手が良く結構、病み付きな組み合わせになりそうです。
[PR]
by USOHACHI2007 | 2008-09-18 23:50 | キャンプ
c0107997_013403.jpg















道南は春の訪れを早くに感じることができるらしく
このキャンプ場も道内キャンパーにとっては思い
待ち焦がれる場所のようです。




c0107997_0172868.jpg




自治体の努力により入場料なしでキャンピングできます。
水洗トイレと炊事場が2箇所づつ設置されています。
立地は大沼湖畔に沿って縦に長いのが特徴です。

大収容のアスファルト敷き駐車場はありますがこの
区画なしキャンプサイトに荷物を持ち込むには備え付けの
キャリアカーなどはありませんので手に手にとって
長い距離を運ぶ以外方法はありません。




c0107997_0242046.jpg




キャンプ場の評価は高いようです。

北海道キャンパーは手馴れていると感じます。
環境を維持できるモラルを持ち合わせていると
したならばここがまさに具現化している場所でしょう。

函館市内勤務の外人さんなどノスタルジックに浸れるらしく
同じ人物を良く見かけます。


所在地:亀田郡七飯町字東大沼
料金:無料
OPEN:4月末~10月末
[PR]
by USOHACHI2007 | 2008-06-08 23:12 | キャンプ
c0107997_11481127.jpg













ウェルキャンプ西丹沢で週末のリフレッシュです。
友人家族が持ち込んだこの食材はアタリでした。

一味唐辛子を練りこんでありほんのり赤いつくね棒は旨いのなんので
感動モノです。
10本セットで冷凍ではありますが次回キャンプも必携でしょう。
いやいや買い増しするべきです。




c0107997_1154022.jpg




焼き鳥は無理言ってと言いましょうか、味付け無しタイプを探して
もらいました。鳥インフルエンザの流行を境に市場から消えてしまった
のですが今回運良く見つけてもらいました。

大概のタレ付きタイプは不味くて食べれませんのでね。
焼き鳥は塩味に尽きます。しかも塩分コントロールと網がベトベトに
ならないのでやはり行き着くところは味付け無しタイプです。




c0107997_11592253.jpg




ウェイトバランスを考えると接近戦で焼くのがよろしいのです。
塩ふりも楽チンですし。




c0107997_121633.jpg




この焼き鳥台も優れものです。
遠火でふっくら。欲しいのぉ~。




c0107997_1234465.jpg




宿泊したコテージ内部です。
持ち込みイルミで大はしゃぎですわ。




c0107997_1281182.jpg




灯油ヒーターが標準装備です。
丹沢の標高はそんなに高くないですがガイドでは平地と4~5℃の
違いがあると書かれています。
そのうち来るであろう石油高騰を背景とした燃料協力金はまだ発生して
いません。




c0107997_121233100.jpg




ロフトスペースに寝具が置かれています。
これにチェックイン時に受け取るシーツで寝床を作ります。

このコテージは数ある中の床暖房付きなので快適です。




c0107997_12152614.jpg




冷水だけの小キッチンにヤカン付きガスコンロ、冷蔵庫、温便座付き
水洗トイレと冬季のキャンプにうってつけお手軽施設です。




c0107997_12192437.jpg




内装テーブルはいつもながら荷物置き場になってしまいます。

カーテンを開けると広い屋根付きバルコニーです。
大人6名は楽しめるスペース的余裕があります。
強風でなければバルコニーでの食事が川のせせらぎと供に
おいしいごちそうを作ってくれます。

関東圏でこれほどリーズナブルなコーテジはありませんので
優先的選択となりますがキッチン付きなのに換気扇がない
ことと灯油ヒーター付きなのに消火器が無いことには十分留意して
おきましょう。
[PR]
by USOHACHI2007 | 2007-12-10 23:46 | キャンプ
c0107997_2374177.jpg













扱いやすい炭の一級品です。




c0107997_2311771.jpg




炭の長さが均一なので焼き網と熱源サイズが一定となり焼きムラが
発生しません。
焼き鳥を焼いた時、手前がナマで先端がコゲコゲになり難くなります。




c0107997_23142859.jpg




ダッチオーブンでサラミのパイシート包みを焼きます。
冷凍パイ生地で1/2カットサラミを巻きます。
パイ生地につぶマスタードをアクセントで塗ると大人味になります。

15分プレヒートし上げ底網にクッキングシートを敷きパイを置きます。




c0107997_23192719.jpg




下火:上火=3:7で20分の我慢です。
上火の炭置きは多くなりがちですがイメージの7分ぐらいが
ちょうどいいぐらいになります。
置き過ぎは禁物です。
下火は火力調節のコントロール重視でMSRドラゴンフライの
登板です。
燃料は灯油なので轟音とともにお仕事中を主張するので
周りの注意喚起となり安全です。




c0107997_23233312.jpg




良い焼き具合でしょう。




c0107997_23243296.jpg




あっけに取られるほど簡単です。
サラミの堅さは微塵もありません。
程好い歯ごたえがフランクフルトソーセージより適任です。
サラミをチョコレートに換えるだけでスイーツにも対応します。
お試しあれ~。




c0107997_23333324.jpg




大人用の素晴らしいガジェットです。
使い勝手はすこぶる良いです。
キャンプではスクリーンタープの中でこれを囲みながら
まったりできます。




c0107997_23353793.jpg




子供たちにはこのスタイルが一番良いようです。
[PR]
by USOHACHI2007 | 2007-10-07 23:08 | キャンプ

R.E.I./コープメンバー

c0107997_2339738.jpg
















R.E.I.のコープメンバーに入会すると前年購入額面に応じて
クーポンが発生します。
入会金はUS15ドルです。
年更新はありません。
退会届けを出さない限り目の黒いうちは会員でいられ費用もかかりません。
15ドルポッキリとなります。

R.E.I.とはアメリカ最大のアウトドアショップで数年前にアジア初日本上陸を
果たしましたが思うに業績を伸ばせず2年ほどで撤退してしまいました。
場所は南町田のグランベリーモール内でした。
現在、この売り場面積の大きな店舗はモンベルのショップとして運営されています。




c0107997_23542669.jpg




内訳はこんな感じです。
$16.47となってます。
総購入額の8%ぐらいです。
クーポンとして次回の購入に充てることができます。
アウトドア用品を格安に買えるのでよく利用しますが
送料と関税を考えて発注しないと国内価格より高く
なるので要注意です。




c0107997_013132.jpg




"GET OUT AND VOTE"
アウトドアに引っ掛けておんもに出て投票しようとなってます。
その奥には決算書も提示されています。




c0107997_034659.jpg




R.E.I.のCO-OP代表メンバーをメンバーの手で選出するのです。
各人の略歴を見ますとハーバードやらMBA取得者やら錚々たる
顔ぶれとなっています。米国内では名誉職なんですね。
いかにアウトドアが市民に深く根付いているか感嘆としてしまいます。


明日からNHK総合月~金1000-1055の枠で昨年放送された
趣味悠々アウトドア入門が再放送されます。
興味のある方はチェックされてはいかがでしょう。
ダッチオーブンの特集もありますよ。
サブタイトルの「中高年のための」が余計なんですがね。
[PR]
by USOHACHI2007 | 2007-06-03 23:58 | キャンプ

種子島/安納芋

c0107997_22485192.jpg
















ダッチオーブンで焼き芋をつくった。
種子島の農家より取り寄せた糖度抜群の安納芋でつくった。
ダッチオーブンに易々と入るサイズでなければいけないので
見てくれ種芋っぽいサイズをセレクトした。




c0107997_22543313.jpg




まずは石焼き芋用の石を鴨川・江見の海岸で拾ってきた。
石はホームセンターでは10kg単位で販売されている。
しかし残り石の処分に困るので海岸で調達した。

ダッチオーブンに洗って乾かした石を敷き詰め以下の要領で
調理した。
・ダッチオーブンをプレヒート。
・石の上に芋を置き中火で20分。
・串で柔らかさを確認し通りが良ければ裏返しをし
 弱火で20分。固ければ中火で30分とした。




c0107997_2321397.jpg




焼きたての安納芋はスイートポテトに匹敵するぐらいの甘さをたたえていた。
噂通りのものすごくねっとりとした味わいだ。
例えるなら舟和の芋ようかんに近い。
牛乳に合うんだなぁ~。
KING OF イモの安納芋。
すっかり虜だ。
そして御通じも抜群だ。
試されたし。

気になったのは石の焼けるにおいが台所に充満した。
サウナルームのような芳しさが鼻についた。
これは海石特有のものなのかは不明。
また使い込むことによってにおいを発しなくなるかどうかも不明。

次回の調理はジャガイモとしたい。
期待できそうだ。


安納芋プチサイズ(完熟)5kg/1,600円
運賃1,060円

[PR]
by USOHACHI2007 | 2007-02-02 23:17 | キャンプ
c0107997_1251246.jpg















「Turkey」の丸焼きに挑戦した。
ブラジル産の冷凍ターキーは1700gモノをセレクトした。
このランクはベビーターキーと言われるもので流通サイズでは一番
小さな部類となる。

この品物自体は廉価版でレバーと首は入っていない。
普通の米国産であればきれいに掃除された内蔵の空所にこれが
収められておりグレービーソースのベースとなる。
だから今回はつぶマスタードとキャンベルのクラムチャウダーをベースに
ソースを作った。

まずはターキーを水洗いし粗塩で表面をこすった。
クレンジングも兼ねた故の粗塩だ。
この粗塩の1-2%塩水を作りターキーを丸ごと沈め3時間、
塩水から引き上げキッチンタオルでまんべんなく水分を取り去り
丁寧に多めに塩コショウで味をつけた。
薄いよりは濃い味がウケる丸焼きだ。
まさにコーティングするがごとくに塗りたくったのだ。

内蔵スペースに入れるスタッフィングは以下とした。
・玉ねぎ
・にんじん
・じゃがいも
・マッシュルーム
・にんにく
これにさいの目トーストを入れる予定であったがボリュームがありそう
なのでフライパン焼きに入れるのを取りやめた。
チキン味の固形ブイヨンとゲランドの塩、ヒッコリー風味のコショウで
味を整えた。

ダッチオーブンにスタッフィングを仕込んだターキーとともに
・セロリ
・玉ねぎ
・にんじん
・にんにく
・じゃがいも
・レモン
・セージ
をサイドに散らしプレヒートしたダッチオーブンで強火30分、中火30分で
完成となった。

お味はパサつきなくジューシーな仕上がりとなった。
作った本人からすれば絶品の味であるし
ダッチオーブンの成せる技と感心しきりであった。

唯一難しかったのはお父さんの役目であるお皿への取り分け
だった。
ナイフ回しって意外に難しい。

最後に豆知識として米国の映画批評ランク付けに「ターキー」がよく
使われる。
ターキー自体は欧米でポピュラーだが感謝祭やクリスマスの
当日以外では雑に扱われる。
当日に大量に作ってしまって2-3日かけて消費するアキアキしたもの
としての位置付けで最低ランクの映画を「ターキー」として評価するのだ。




c0107997_1263042.jpg




60分後にフタを開けたらこんな感じだ。

[PR]
by USOHACHI2007 | 2006-12-24 23:38 | キャンプ
c0107997_135059.jpg
















気になっていたショールームに行ってみた。
ほぼ全アイテムが陳列されている様は圧巻だ。
スノーピークファン、マニアにはたまらない雰囲気だ。

まずは正面玄関から入門する。
カウンターに記帳メモがあり名前を書き終えると
入門章を渡される。
飽き飽きした業務なのかまったく乗り気のない女の子に
階段を先に行けと促される。
指差しだけじゃなくちゃんと呼称しなきゃいかんぞ、田舎のネズミめ。
この社会性のない子を尻目にショールームに入室した。
そして画像の雰囲気だ。

しばらくしてカタログを小脇に抱えた子がやってきた。
お相手のおそらく渉外担当のこの女の子は聞くところによると
学生時代を横浜で過ごしたそうだ。
社交性がある。ヨシヨシ。都会のネズミだな。
それでこそCS(顧客満足)だ。

良いモノづくりの会社として注目していこう。
と言うことでソリッドステーク20を16本購入したのであった。
あっ、これはテントに使うペグなんです。
来春が楽しみなのだ。


それではショールームをお楽しみください。



c0107997_1373065.jpg


c0107997_1383466.jpg


c0107997_1384511.jpg


c0107997_1385896.jpg


c0107997_1391564.jpg


c0107997_1392852.jpg


c0107997_1394245.jpg


c0107997_1395398.jpg


c0107997_140583.jpg


c0107997_1401717.jpg


[PR]
by USOHACHI2007 | 2006-11-14 23:39 | キャンプ

ペツル/LEDヘッドライト

c0107997_1472762.jpg
















本日、Hedgehog-kさんとの会話でLEDの話題がでた。
キャンプでよく使うヘッドライトがつい最近安くなったので
ショックを受けていた矢先だった。

写真上段がPETZLなるアウトドアブランドもの。
6年ぐらい前に$45ぐらいで購入した。
そしてつい最近、秋葉原で購入したものが写真下段。
大ショックの850円だ。
しかもLEDが5灯搭載されている。
もひとつおまけに点滅もするのだ。

殻を割ると単4x3本使いは変わらないがあらゆる構造が
PETZLとおんなじだ。
さすがパクリ天国の中国製だ。

肝心の使い勝手は両者ともグッドだ。
スイッチのクリック感に作り込みの違いはあるが
3灯も5灯もLEDとあらば大差はない。
厳密には山やの人はライフが長い3灯を選ぶんだろう。

このヘッドライト、秋キャンプでは子供たちに人気でした。
探検・冒険心をくすぐるらしい。
850円であれば首都大地震に備えカバンに忍ばせても良いかもしれない。

秋葉原のコンピュエースにて購入した。
お店は来年度に廃止の決まった交番の近くだヨ。

[PR]
by USOHACHI2007 | 2006-11-07 23:58 | キャンプ