何でも知りたがりの当ブログのコンシェルジュが森羅万象に「寝ながら」世話をやきます。


by USOHACHI2007
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

十勝ラーメンしお味

c0107997_1219299.jpg










息子のお友達家族のお土産に頂いた十勝ラーメンの即席メンタイプ。
ラベルには特級の文字が燦然と輝く。

ご当地モノはもらってうれしい。
セレクトされた方のセンスがまぶしいくらいだ。謝々。

この特級ラーメンの驚きはグリーンアスパラガスのフリーズドライが
添えられている。

コスト高だが、すばらしい構成に舌鼓しつつこのラーメンを
称えたいと思う。
しお味も程好く、乾燥メンも即席では最高位の味わいがある。
どうやら小麦も道内でブランド化したものらしい。

ものには成り立ちがある。
うーみゅ。
このラーメンの企画は麺ありきなのかグリーンアスパラガスのフリーズドライありきなのか思考をめぐらすとバイカル湖より深遠だ。




c0107997_15223160.jpg
c0107997_15225539.jpg
c0107997_1523183.jpg





[PR]
by USOHACHI2007 | 2006-09-23 19:43 | プレゼント

由比・四季采館 開花亭

c0107997_4253186.jpg










由比で老舗の開花亭で桜えびのかき揚げ丼を食した。
他に小鉢の桜えびの生、佃煮、釜揚げも堪能した。
売店も併設しており食したものがテイクアウトできる。
小鉢はその試食といった趣だ。

桜えびの生を追加で食したがひげが口腔内にまとわりついて
食べ辛かった。

気になったのが釜揚げに添えられたマヨネーズもどきだ。
見てくれが黄色いマヨネーズには何かが混ぜ和えられている。
こりゃマズイ。マヨラーの私だが思わずどかしてしまった。

やはり風味の増すかき揚げが一番旨い食べ方なんじゃなかなと
桜えびづくしの中で感じた次第だ。




c0107997_422091.jpg




黄身リッチマヨか?
[PR]
by USOHACHI2007 | 2006-09-22 23:41 | グルメ

那須塩原・こばや食堂

c0107997_4282183.jpg









塩原温泉郷にあるこばや。
何の変哲もない中華料理屋チックな外観に赤字で「こばや」と書いてある
看板がR400沿いにある。
この辺りでスープやきそばの本家だか元祖だかを名乗る。
普通盛り650円。中盛り、大盛りと各々100円増しだ。

やきそばに中華スープを投入したシンプル過ぎる構成。

結構塩っからい。
つーか、ブルドックソースのお湯割りぢゃないかと思えるくらいだ。
たぶん業務用の一升瓶でつくってるな。

さながらトム・クルーズの「宇宙戦争」か。
詰めが甘い。
なぜかって?
紅しょうがが乗ってないんデステニー。
ナルトでイメージさせるぐらいの想像力が欲しかった。

こりゃ、家でも作れるなぁ。
ヘルメスソースやA1ソースで作ってみよう。。。少なめにね。

[PR]
by USOHACHI2007 | 2006-09-17 20:23 | ラーメン

那須・SHOZO_CAFE

c0107997_12362833.jpg
















那須ICよりR17を北上すると左側に出くわすSHOZO_CAFE
「しょーぞーかふぇ」と読む。
オールドファッション系のシンプルな外観は那須空間に合っている。
ここで一押しのスコーンを食した。168円/1個。

非常にシンプル味だ。
プリミティブだ。
舌の両サイドの味覚芽がよみがえるのだ。

昔、食べた味だ。
さながら「スタンド・バイミー」か。

テイクアウトとして自宅でも愉しめる。
エスプレッソコーヒーと愉しみたい。

3個入り、5個入りがショーケースに並んでいる。
これは那須帰りの必須アイテムですな。




c0107997_14464529.jpg




c0107997_14473444.jpg




松の実入りタルト。
上品な甘さの味わい。




c0107997_1452310.jpg




Cubic Sugar

[PR]
by USOHACHI2007 | 2006-09-16 23:56 | 甘味
c0107997_4303290.jpg










出張の折りに富士宮やきそばの公認麺である荒川製麺の麺を大人買いした。
他にラード、グー(肉カス)、桜海老のだし粉も調達した。
ソースは純正で用意されているがストックのヘルメスソースを使うことにした。

以前、hedgehog-kさんに連れられ現地にて食して以来、この機会を伺っていたのだ。

調理は成功裡に終わったが予想通りやはりこのむしめんに尽きる。
含水率が低いこの麺が独特の歯ごたえを演出し
グーの油分とだし粉の香りが渾然一体となる様は
まさにマンデルブローも真っ青だ。

あぁ、何ゆえ横浜での取扱店がないんだろう。。。
荒川製麺よ、がんばってくれ。

[PR]
by USOHACHI2007 | 2006-09-07 23:39 | グルメ

千倉・華の蔵

c0107997_13273914.jpg










房州千倉らーめん・華の蔵でらーめんを食した。「はなのくら」と読む。
房州ちくら漁協白子支所の近くで民家を改築した店舗は座敷しかない。
ここで数量限定の特製醤油らーめんを食した。

麺は1.5玉の縮れ太麺。魚系のだしが鼻孔をくすぐる。トビウオっぽい。
ネギ、チャーシュウ、ナルト、お麩、煮卵、海苔、メンマ、そして京野菜の
みぶながトッピングだ。

これはウマイ。おすすめだ。
普段はラーメン二郎がお気に入りだがこのアッサリ系にも開眼しそうだ。
強いて近いのは「中村屋」か。

都内から遠方だがプライオリティー1位で食す価値はある。

特製醤油らーめん/850円

[PR]
by USOHACHI2007 | 2006-09-06 23:20 | ラーメン