何でも知りたがりの当ブログのコンシェルジュが森羅万象に「寝ながら」世話をやきます。


by USOHACHI2007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

千倉・華の蔵

c0107997_13273914.jpg










房州千倉らーめん・華の蔵でらーめんを食した。「はなのくら」と読む。
房州ちくら漁協白子支所の近くで民家を改築した店舗は座敷しかない。
ここで数量限定の特製醤油らーめんを食した。

麺は1.5玉の縮れ太麺。魚系のだしが鼻孔をくすぐる。トビウオっぽい。
ネギ、チャーシュウ、ナルト、お麩、煮卵、海苔、メンマ、そして京野菜の
みぶながトッピングだ。

これはウマイ。おすすめだ。
普段はラーメン二郎がお気に入りだがこのアッサリ系にも開眼しそうだ。
強いて近いのは「中村屋」か。

都内から遠方だがプライオリティー1位で食す価値はある。

特製醤油らーめん/850円

[PR]
# by USOHACHI2007 | 2006-09-06 23:20 | ラーメン
c0107997_4333071.jpg










懇意にしてもらっている漁師さんにアワビを振舞ってもらった。
踊り焼きやバターステーキ、味噌漬けは食したことはあるが
きも味噌和えは初めてだ。

写真左はアワビのスライスだ。赤アワビだそうだ。他に食感の強い黒アワビがある。市場では後者のほうが高めだそうだ。

写真右が絶品のきも味噌和えだ。
房州味噌、アワビきも、かいひも、にんにくを粗たたきしたこの「ソース」は
一見カオスだ。
しかし黄金率による調和は見事としか言いようが無い。
アワビの絨毯爆撃である。
めったに食せないことに感謝だ。

余談だが南伊豆町に「海砂利水魚」(かいじゃりすいぎょ)なる
カレー屋がある。
5年ぐらい前にここでアワビのきも入りカレーを食したことを思い出した。
当時は3,000円ぐらいだったと思う。
ここでのカレーには何故か牛乳が付く。
ちょっと辛めのルーの調整役か。
謎だ。。。

[PR]
# by USOHACHI2007 | 2006-08-01 21:12 | グルメ

甲府・ぼんち食堂

c0107997_4355621.jpg












大盛り、デカ盛りで半端なく有名なぼんち食堂でカツカレーライスを食した。
普通盛り1,200円でカツx2枚だ。
すごいコストパフォーマンスだ。

カレーはお世辞でもウマイとは言えない。
100円ショップに並ぶレトルトカレーの系統だ。
やたらめったらにたまねぎが多い。

トッピングは千切りキャベツ、目玉焼き、茄子の天ぷら。
カレーに天ぷらだ。謎だ。。。体温を下げるためか?

しかしカツは並以上の品質が保たれている。
カツのカレーソース掛けとして臨めば完食への誓いにブレはなくなるだろう。
しかし敢え無く35%程残して陥落してしまった。
単調な味であきてしまうのだ。もう二度と食わないだろう。

「ぼんち食堂」でググッれば中華丼の画像が出てくるだろう。
アルマイトのお盆にもしたたれ落ちる中華丼大盛りのあんかけは
圧巻と言うより汚い。
もうちょっと丁寧な仕事を見たいものだ。
現場で見ると笑ってしまうのだがね。




c0107997_4202978.jpg




とほほ。。。
[PR]
# by USOHACHI2007 | 2006-07-11 23:09 | グルメ