何でも知りたがりの当ブログのコンシェルジュが森羅万象に「寝ながら」世話をやきます。


by USOHACHI2007
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:神奈川 ( 37 ) タグの人気記事

横浜・市場食堂

c0107997_2339014.jpg
















宣言通り行ってきました市場食堂。
到着は1300オーバーですが店内は待ち客も多く
混みあっていました。




c0107997_23414224.jpg




ここはオーダーをコールしません。
オリジナルの注文票にオーダーを書きいれます。

ご飯の量が指定できるのです。
ここで大喰らいの心が揺れる騒ぎます。
少250g、中450g、大650g、特大1300gです。
エクストラは発生しません。
オーダー料金に含まれているんですね!これが~!




c0107997_2347599.jpg




注文に悩みます。
壁一面に並ぶメニューを見て圧倒されてしまいました。
ラーメン450円からウニ丼1,000円までと非常にリーズナブルな設定です。
う~む、悩みます。




c0107997_23504922.jpg




きました~!
ニラレバ定食であります。(ケロロ風)
ご飯の量は450gです。根性んないなぁ~ん。

おかずの量は半端ないです。
もやし1.5ハイ分はありました。レバーも比例して多かったかな。
お味はもやし硬めでしかっりはっきり味がついており並以上です。
ご飯が硬めで難儀しました。よって三口ほど残してしまいました。

いや~、満腹です。
味の期待をしてはいけません。
事実、途中でラー油を投入して味を変えました。
ここはひたすら量の多さを笑うとしましょう。




c0107997_2357583.jpg




24時間営業とはね。まさに市場マンの台所ですな。


レバニラ定食/700円
[PR]
by USOHACHI2007 | 2007-04-15 23:54 | グルメ

横浜・もみじや

c0107997_19443136.jpg
















横浜市中央卸売市場本場の中にあるもみじやで
おまかせ定食を食べた。
有数の人気店で到着時間1300オーバーなのに
10人ほど並んでいた。
店内待ちを合わせると15人待ちぐらいであろうか。




c0107997_19491243.jpg




おまかせ定食とは刺身の中身がおまかせなのだ。

本日のお刺身の中身は、
・きびなご
・サーモン
・はまち
・えんがわ(かれい)
・まぐろ
・かつお
・エビ
・シャコ
・鯛
・ホタテ
・タコ
そしてウニだ。
ウニはゲタ盛りだ。

小鉢にはまぐろの煮付け、汁椀にはしじみの味噌汁だ。
ご飯も心なしか多めだ。




c0107997_19592429.jpg




コスト度外視とはこの事だと思う。
これで1,000円である。笑う。
必然、盛り付けもこうなってしまう。
見てくれが余りモノ然としているのが少々残念ではある。




c0107997_2031365.jpg




完食である。
ウニの量ったら、、、空前絶後だ。
口の中が苦くなったあるよ、って訳でこれは中国産のようだ。
ミョウバンが強いのかな?




c0107997_20105673.jpg




おまかせ定食以外にも魚系のメニューはたくさんある。
揚げ物もあるようだが終了が早いようだ。

話題としてみれば良であろう。
だから質を問うてはいけない。


ここは横浜市中央卸売市場本場の水産物部内にある。




c0107997_20141512.jpg




横浜市中央卸売市場本場には青菓部もある。
ただ今オンエアーのテレ東の大食いロケ地がここだ。




c0107997_2017578.jpg




次回のターゲットはここだ。
デカ盛り専門店のようですよ!


おまかせ定食/1,000円
[PR]
by USOHACHI2007 | 2007-04-01 20:32 | グルメ

横浜・海鮮市場

c0107997_2125025.jpg
















昨日が焼肉だけに低カロリーでなければならない。
ランチは近場の海鮮市場とした。
お向かいに熱烈カルビ、かつ泉がありさながら㈱せんざんの城下町だ。
マーケティング的にはどうなんだろう?

先ずは「幻のサバ」。
関サバより貴重と銘打ったおすしをセレクト。
あっさり目でよろしいお味。
でも言わずもがなで関サバの方が数段上。
1カン290円の価値はあり。




c0107997_21254375.jpg




海鮮生春巻き。
まぐろ入りで味噌味ドレッシングとからしマヨネーズの
ハーモニー。




c0107997_21295395.jpg




大とろ登場。
期待を裏切らないおいしさです。
これはミナミマグロかな。
姿かたちが凛としています。

しかし、これはカロリーオーバーでした。
明日から粗食でいきます。

[PR]
by USOHACHI2007 | 2007-02-04 21:48 | グルメ
c0107997_041680.jpg
















友人家族と焼肉を一緒した。
ホルモンセンター天狗屋本店は元気なおばあちゃんが
仕切る行列のできる炭火七輪の焼肉店だ。
おいしさ、量、プライスの三軸がバランス良く、また有楽町の
ガード下チックな外観と店内雰囲気が期待を裏切らない。

換気扇はあるが殆ど機能していない。
焼く肉量が多いので強制排気が追いつかないのだ。
だからしゃれこけた服装はNGだ。
まぁ、七輪から出る煙はイイ男、いい女に流れるのが常なので
気にするまでもない。

この焼肉の名店は自前の駐車場を持たない。
近隣に迷惑をかけてはならぬので路駐スペースはあるが
ダメダメで。

1700開店だが一番風呂の希望なら遅くとも1630には並んでいる
ほうが精神衛生上良い。

そして並びを単純カウントしてはならない。
大概、代表者が並んでいるだけなのだ。
行列が動くと一族郎党が路駐スペースから湧いてきて合流するぞ。
気をつけろ!




c0107997_094947.jpg




先ずは漫画盛りご飯大盛りご飯だ。
あきたきまち。
うなぎの名店並みの炊き上がりだ。
この画を撮るためだけに注文したが驚きの完食。
トンネルを掘りたいと思うのは山師的発想か?

お皿に盛られたのは左がホルモン、右がレバーだ。
いずれも一人前で味噌の味付けがよろしい。




c0107997_0124324.jpg




これは名物・一押しの牛カルビ2人前。
安くてうまいしたまげた量だが6人もいればあっと言う間にペロリだ。
漬けダレがおいしい。
この後、追加でもう一皿となった。




c0107997_0162515.jpg




カルビファイヤー。




c0107997_0171939.jpg




左が豚トロ、右が鶏だ。
いずれも塩味で一人前だ。
豚はメキシコ産の流通が多いがこれは日本産だろう。
豚の苦手なyukipediaだがこれはイケル。
鶏はブランド鶏ではないが胸肉であろうか。
とてもふくよかでおいしい。

上部にチラッとキムチ。
これもまた正統派酸味が心地よい。




c0107997_02145100.jpg




感動でファインダーがぶれる。




c0107997_0223969.jpg




花盛りをそのまま焼くの図。

駅から遠いをポジティブに変えれば夜遅く(1700-2300)まで
開店しているので使い勝手はよさそうだ。
定休日 水・木曜日
大和市柳橋2-2-15

大盛りご飯/320円
カルビ/720円
ホルモン/620円
鶏/620円
豚トロ/620円
キムチ/370円
レバー/620円

[PR]
by USOHACHI2007 | 2007-02-03 23:02 | グルメ

横浜・チャイナ飯店

c0107997_3204277.jpg
















大盛りでありながらおいしいとの評判の横浜・井土ヶ谷にある
チャイナ飯店で家族ランチした。
1年ぶりの再訪だ
場所は横浜南郵便局の対面にある。
店自前の駐車場はない。

全ての提供物に共通するのは一品は2-3人前であること。
だから4-5人で訪れた方が種類多く楽しめるというものだ。
ごま団子も3人前からお願いしますとメニューに書かれている。

まずは豚足煮付けから。
醤油ベースの甘辛煮だ。
トロトロの豚足にヤングコーン、チンゲン菜、シイタケ、しょうがが具として
配されていた。ヒラタケも入っていたようだ。
粒コショウがキツイが豚足嫌いのyukipediaでも食べれた。
とてもスパイシーだったからね。

豚足ってウンコ踏んでるからねぇ。
あんまし食べないのだ。
カミさと子供は大好きなのでがんばって食してみた。
子供の前で好き嫌いはいかんからねぇ。


豚足煮付け/945円




c0107997_3225464.jpg




3x11(cm)の春巻きが4本出てきた。
あつあつをほうばると火傷してしまう。
これだけ大きいとお箸で割腹した方が食べやすい。

中身の餡は具がたくさん詰まっていた。
しいたけ、タケノコ、きくらげ、豚肉の細切り、ピーマン。

色味は熱の入れ過ぎでちょい黒だ。
お味はまあまあだった。


春巻き/525円




c0107997_3253552.jpg




から揚げがトッピングされたチャーハンだ。
塩味ばっちり卵でご飯がくるまれたおいしいチャーハンだった。
しかし量が半端無く多い。マウンテンだ。

から揚げもジューシーで決して脇役ではない。

ここは持ち帰り用の容器が無料で置かれている。
余ったら持ち帰れるのだ。
懐の大きさを感じる。

今回も思ったがとてつもない火力で調理されているのであろう。
中華街の海員閣と共通するおいしさがある。

店の雰囲気は場末の中華料理店だ。
壁一面にメニューが掲出されており
この時点でNGの方も居るかもしれないが
大盛り・中華好きの方は自分の舌で確認を。
それとも一緒に行く?

鶏肉チャーハン/840円

[PR]
by USOHACHI2007 | 2007-01-13 18:59 | グルメ

横浜・まるじゃ

c0107997_3433727.jpg
















盛岡では三大麺の一角であるじゃじゃ麺を横浜のまるじゃで食した。
冷麺、わんこ蕎麦の双璧ではあるが全国区ではないじゃじゃ麺に
あまり期待するところはなかった。
ただ店の前を通るたびに盛況の気配が感じ取れないので若輩ながら
買い支えを試みたのだ。

麺はうどんの乾燥メンに近い歯ざわりだ。
どんぶりにはデフォルトでうどんの上にきゅうりの千切り、長ネギのざく切り
特製の肉味噌がのる。
この油分多めの肉味噌に特徴があるのだ。

食べ方はこれらを一気にまぜまぜし卓上の
・ラー油
・おろしニンニク
・おろししょうが
・塩
・胡椒
・七味唐辛子
・酢
をお好みで加える。

他にトッピングもある。
・チャーシュー200円
・ひき肉100円
・長ネギ増し100円
・きゅうり増し100円
・キムチ100円
・マヨネーズ無料
などなど。

全部食べずにチョイ残しでチータン100円をオーダーすると
違う食感を味わえる。
チータン自体は鶏ベースのとき卵スープだ。
これがまたおいしいのだよ。

自分でお味を調えるのだがこれがまた楽しい。
週末であれば鬼にんにくや鬼キムチ、平日はおとなしく塩胡椒なんて
のがオツだ。
私的にはゆずこしょうなんてあったらいいなぁなんて思うのだ。

おいしいので通うのだ。


じゃじゃ麺1人前/600円(画像)
1.5人前/700円
2人前/800円

[PR]
by USOHACHI2007 | 2006-12-13 23:33 | グルメ

鎌倉・キャラウェイ

c0107997_3461084.jpg















平日だったので並ばずに食すことができた。
休日・祝日は時間帯が悪ければ1時間並んでもありつけない。

カレーは自分で盛り付けるのがキャラウェイ流だ。
写真は見栄え重視で盛り付けてみた。

野菜がすっかり溶け込み牛肉は繊維状になるまで
煮込まれている。
ブロック状の物体は皆無だ。

ここんちの特徴はカレーの旨さに加え見た目大盛りライスだ。
300gはあるライスは覚悟しなければならない。
写真はレギュラーサイズだ。
女性用にライス少な目の設定があり全メニューの30円引き
となっている。
当然大盛りライスの設定もありこれはトンネルが掘れるという具合だ。
残念なのはライスのクオリティーが低い事。
非常にもったいない。
料金を上げてトライすべきだ。

カレーの後引く旨さに酔いながら今回は三品のテイクアウトをした。
冷凍モノで共される。

・テイクアウト
チーズカレー460円
ポークカレー360円
ハヤシ360円


ビーフカレー730円

[PR]
by USOHACHI2007 | 2006-10-27 23:58 | グルメ