何でも知りたがりの当ブログのコンシェルジュが森羅万象に「寝ながら」世話をやきます。


by USOHACHI2007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
c0107997_00515515.jpg
さて、これから夜道を南下するので腹ごしらえで飛び込みました。もつ味噌らーめんと石焼チャーハンセット中サイズです。
もつは硬いし味噌薄いでこれはリピート有り得ません。
c0107997_00560663.jpg
麺も微妙です。
c0107997_00565314.jpg
かろうじて食べれたかなと。所詮、アルバイトの調理でしょうからね。多くを望んではいけませんね。

セット 980円

[PR]
by USOHACHI2007 | 2011-04-06 19:25 | ラーメン
c0107997_0371738.jpg
















日帰り入浴では何度か利用しましたが機会あって
宿泊してみました。

到着は16時で既に日没により露天風呂にありつけませんでした。
翌朝に期待です。

館内には宿泊者専用の内湯&露天風呂があります。
露天風呂は屋根付ですが三方の視界が開けており開放感が
あります。左眼下に海辺の露天風呂を見ることができます。




c0107997_0401114.jpg




c0107997_0405461.jpg




シングル部屋はイメージと違い良好。
部屋位置は窓を開けると露天風呂を間近に
見れるところにあります。

この部屋ではdocomoは受信良好。
softbankはX。auのPHSカードもXでした。
フロントでは3社とも良好でした。

よって部屋では仕事になりません。




c0107997_0431958.jpg




冷蔵庫はレディでこの状態です。




c0107997_044264.jpg




夕飯はボリュームたっぷりでした。




c0107997_0453187.jpg




c0107997_046456.jpg




c0107997_0464085.jpg




c0107997_047917.jpg




c0107997_0475333.jpg




c0107997_0482730.jpg




c0107997_049233.jpg




c0107997_0493450.jpg




c0107997_050582.jpg




c0107997_05044100.jpg




c0107997_051155.jpg




c0107997_0515423.jpg




とにかくすごい量。大食漢にはたまらないでしょう。




c0107997_0544142.jpg




部屋窓からはこんな展望が。風が強そうです。




c0107997_056027.jpg




c0107997_0564917.jpg




キタキター。すばらしい情景です。
しかも一人占めなので自然とニタリ顔になっていきます。




c0107997_059473.jpg




c0107997_0595097.jpg




これぞ露天風呂温泉です。極楽極楽。
浴感の濃い鉄泉です。古町温泉赤岩荘に匹敵します。




c0107997_132783.jpg




c0107997_135767.jpg




朝食はバイキングでした。




c0107997_14591.jpg




c0107997_153427.jpg




すばらしい温泉でした。
[PR]
by USOHACHI2007 | 2010-02-02 23:33 | 温泉
c0107997_0215284.jpg
















煮干の香りが強烈です。
指にその香りがついてとれません。

スープは津軽の特徴である塩辛さが突出しています。




c0107997_025265.jpg




麺の柔らかさはちょっと残念。次回は堅めをオーダーしてみましょう。




c0107997_0265491.jpg




煮干出汁とは別に細かく砕いたとおぼしきキラキラ具合が
強烈なスープを作り出しているのでしょう。突出した個性です。




c0107997_0314272.jpg





中華そば/650円


たかはし中華そば店

住所:弘前市撫牛子1-3-6
[PR]
by USOHACHI2007 | 2010-02-01 23:18 | ラーメン

青森・出し屋 五丈軒

c0107997_1424737.jpg
















サンクスとサークルKで専売されたカップラーメンで広く認知され
いつかはと狙っていた五丈軒へ。

カップラーメン企画と同じバラそばを食べてみました。
バラ豚肉のチャーシューのボリュームが印象的です。
スープは醤油魚貝系で若干塩味が強いです。
シナチクの塩抜きが足りません。




c0107997_1485864.jpg




麺が柔らかい。次回には堅めでコールしてみましょうか。




c0107997_152213.jpg




トイレでの掲出物としてはショッキングです。
きっと詰まってあふれ出て床がヒタヒタになったのでしょう。ワオ。




c0107997_1542453.jpg




バラそば/780円

出し屋 五丈軒
[PR]
by USOHACHI2007 | 2009-12-22 23:41 | ラーメン

青森・麺匠とうぎょう

c0107997_059162.jpg
















青森にしては異質な麺匠とうぎょうへ。
つけそばのオーダーが多いのですが寒かったので濃厚そばを。
あわあわを取ってくれれば。




c0107997_114850.jpg




石臼で挽いた自家製麺が大きな特徴ですが麺が柔過ぎる。
煮すぎではなく目指した堅さのようです。前回もそうだったのでそう予想します。

飲むと濃いスープですが麺に絡まないので味付けが薄いと錯覚してしまいます。
麺が、、、。麺を、、、。




c0107997_15666.jpg




大盛り用のどんぶりは汎用ではありません。
コストをかけてます。その姿勢に応援したいです。


濃厚そば 大/750円
[PR]
by USOHACHI2007 | 2009-12-07 23:58 | ラーメン

青森・金糞平

c0107997_0531098.jpg
















結構うれしい地名が。

かなくそorきんぷん?
[PR]
by USOHACHI2007 | 2009-12-06 23:52 | 風景

大間崎

c0107997_044712.jpg
















竜飛岬とか大間岬とか業務とは言え大変。




c0107997_045436.jpg




北海道と青森から交互に5代ぐらい総理大臣が出れば話は別でしょうな。




c0107997_0471945.jpg




南下途中の佐井村で野猿と遭遇。




c0107997_0484525.jpg




国道沿いの展望台より奇岩で有名な仏が浦が。




c0107997_050672.jpg




とある漁港より。
[PR]
by USOHACHI2007 | 2009-12-05 23:43 | 風景

R339 階段国道 koneta

c0107997_0232191.jpg
















竜飛岬。暗い。寒い。




c0107997_0252882.jpg




その筋では有名なところです。




c0107997_0263665.jpg




国道扱いなので補修、除雪は国の管理です。




c0107997_0275412.jpg




思い起こせば27年ぶりの訪問でした。




c0107997_029315.jpg




階段国道の最真下にはミッキー食堂が。
繁盛している時に来たかった。
[PR]
by USOHACHI2007 | 2009-12-03 23:21 | 風景

青森・麺匠とうぎょう

c0107997_9475466.jpg
















話題のお店です。
濃厚と銘打っているつけめんは青森では濃厚ですが
あらとん、六厘舎他を食べたとすれば薄い部類です。




c0107997_9504512.jpg




自家製麺で小麦粉は石臼挽きだそうです。
小麦の香りがフレッシュです。土類系の香りはしませんが蕎麦に通じるものがあります。




c0107997_1024351.jpg




豚骨ベースに魚貝スープを足したつけ汁に桜えび粉を入れて
オリジナリティーを出しています。
ただ、麺がストレートでつるっとしているのでつけ汁に絡みません。
飲むと濃いのですが薄い食味が好きな方には合うかもしれません。
麺とつけ汁をすする食べ方が良いようです。




c0107997_105511.jpg





濃厚つけそば小/650円

麺匠とうぎょう

住所:青森市古川1-18-10
OPEN:1100-1500&1800-2200
定休日:月曜日
[PR]
by USOHACHI2007 | 2009-10-02 23:46 | ラーメン
c0107997_9341747.jpg
















硫黄臭の強い温泉です。
鼻孔をくすぐるのではなく鼻腔に強い入力があります。

飲泉も可能ですが塩辛さで飲めたものではありません。

以前は混浴でしたが楕円形の湯船の中央に間仕切りが。
手前が女湯で奥が男湯になります。




c0107997_939236.jpg




カランは手前と奥に一つづつあります。




c0107997_9401094.jpg




大きな湯船の対面にある小さな湯船です。
未湯ですが同じ成分でしょう。




c0107997_941462.jpg




宿泊も出来ます。


秋元温泉

住所:平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-26
TEL:0172-45-2137
入湯料:300円
[PR]
by USOHACHI2007 | 2009-10-01 23:31 | 温泉