何でも知りたがりの当ブログのコンシェルジュが森羅万象に「寝ながら」世話をやきます。


by USOHACHI2007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

巧厨娘/ドンガラぴー

c0107997_22552153.jpg
















在北京のyukipedia Broからの頂きものだ。
巧厨娘とは良いネーミングだ。

味は恐ろしく辛く、ハバネロの上をゆく感がある。
異次元だ。
案の定、おっしりがヒリヒリだ。そう、中心がね。
それなのにラベルには「微辛」って書いてある。
おいおい、ビかよ!




c0107997_230313.jpg




米粉をラー油で揚げたのであろうか。
パリパリ状の真っ赤なせんべいとゴマ、青ネギ、
ピーナッツがこれまたラー油で和えられている。

これは「孜然味」だ。
意味はわからない。
羽田孜か?

その文字の下に「満口酢」と書いてある。
マジですか?意味がわからない、too!

他に「五香味」「麻辛味」「原味」がある。
「原味」ってこれがドンカラぴーの始祖か?


この商品もまたハングルバージョンがある。
一袋150円でマルエツで販売されていた。

袋は50g,プラ瓶は150gであった。
とにかく辛すぎて完食できない。

[PR]
by USOHACHI2007 | 2007-02-05 23:32 | 駄菓子